So-net無料ブログ作成

Audiがプラントアワードのブロンズ賞を受賞 [audi world wide]

CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D.パワーアジア・パシフィックが、2007年米国自動車初期品質調査(Initial Quality Study、略称IQS)の結果を発表しました。

詳しくはこちらを。

プラントアワード(工場賞)
調査では米国市場向けに生産している工場を対象に「製造不具合」の指摘が少ない工場に対して地域別にプラントアワード(工場賞)を授与している。
(中略)
欧州地域では、BMW・3シリーズ・クーペ、3シリーズ・セダンを生産しているBMWのレーゲンスブルク工場(ドイツ)がゴールド賞を受賞した。シルバー賞を受賞したのはメルセデス・ベンツ・Cクラス、CLクラス、CLSクラス、Eクラス・セダン、Eクラス・ワゴン、Sクラスを生産しているメルセデス・ベンツのジンデルフィンゲン工場(ドイツ)だった。アウディ・A6・アバント、A6・セダン、A8・セダン、RS4・セダン、S6・セダン、S8・セダンを生産しているアウディのネッカースウルム工場(ドイツ)がブロンズ賞を受賞した。


とのこと。

Audi工場2拠点で製造されている主な車種は以下の通り。
インゴルシュタット工場:
A3、A4、A4アバント、TT
ネッカースウルム工場:
A2、A6、A6アバント、A8、S8、オールロード クワトロ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

audih.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。