So-net無料ブログ作成
検索選択

ブロークンフラワーズ ★★ [movie ★★]

<2005年:米国>

本作はビル・マーレイ主演の作品で、2005年の第58回カンヌ国際映画祭において審査員特別グランプリを獲得しています。
謎の息子の手がかり探しの旅に出るまでのビル・マーレイとジェフリー・ライトの掛け合いがかなり面白かったです。全く会話がかみ合っていないのに、ジェフリー・ライトの言うとおりに物事がどんどん運ばれていく様子が、こういう人達っているなぁ等と思いながら、軽妙で良かったです。
昔付き合っていた女性として登場する相手役が豪華?です。
ジェシカ・ラングに、シャロン・ストーンといった大御所、そしてティルダ・スウィントンという旬な女優達です。
↓ これはシャロン・ストーン。
bf1.jpg
最後に息子とは出会えるのか?
↓ この若者は息子だったのか?
bf2.jpg
は、はっきりしないまま終わってしまいます。
最後に物事が解決した終わり方でないとすっきりしないという方にはストレスになる終わり方です。
家族や人とのつながりを見直してみようよ、というメッセージなのかもしれません。
ビル・マーレイがドライブで移動中に流れる音楽が、我々にはチンドン屋のように聞こえてしまうと思ったのは私だけでしょうか。
↓ Trailer





映画「ブロークン・フラワーズ」オリジナル・サウンドトラック

映画「ブロークン・フラワーズ」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: デング・フィーバー,ザ・グリーンホーンズ,ムラトゥ・アスタトゥケ,スリープ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2006/04/05
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
audih.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。