So-net無料ブログ作成

ターミネーター ★★★ [movie ★★★]

<1984年:米国>

さすがジェームス・キャメロンとうならせるよく練られた脚本と演出だと思います。
タイムトラベルに関して破たんのないようにつめすぎてしまったので、続編ではそれがかえってあだになっているという感じすらあります。
terminator1.jpg
映画の中で「どうしてジョン・コナーの生まれる前にきたのか」と説明するシーンがありますが、このシーンがあるため、のちの2や3ではそのあたりが強引になってしまい、結局何をやっても審判の日がくることは避けられないという矛盾ができてしまっています。

でも、映画は楽しむのが一番ですでの、細かいことは無視して、続編ではターミネーター対ターミネーターの闘いを楽しめばよいと思います。
この第1作では、ターミネーター対人間の物語であり、人類のリーダーとなるジョン・コナーの誕生秘話もあるので、これからターミネーターを観よう(たとえば新作の4で初めてターミネーターを観る)という方は、ぜひこの第1作を観てからの方が楽しめるのではないでしょうか。

本作は当時の為替レートで14億円という低予算で製作されています。
そのため明らからに作り物のアーノルド・シュワルツェネッガー人形が出てきてしまいますが、それも1984年という25年前の特撮技術を考えれば逆に楽しんで観ましょうというところです。
b6x4ea.jpg
(↓ こんなメイキングシーンをみつけたので追加)
terminator-prosthetic.jpg
とにかくアーノルド・シュワルツェネッガーの若いこと。
ixuon9.jpg
本来カイル役でオファーがあったのを、脚本を読んでターミネーター役を希望したそうなので、アーノルド・シュワルツェネッガーは、そういった当たり役を見分ける才覚もあったということです。
もうどう見ても勝てそうにない最強ぶりです。
TermPistool2.jpg
本来B級SFにランクされるべき作品ですが、スターウォーズ等とともに近代SF映画の金字塔の一本に位置付けてよい作品だと思います。
蛇足ですが、下のターミネーターの目からみたビジョンは当時とても新鮮でした。
01-23-18.jpg
Trailer ↓


ターミネーター [DVD]

ターミネーター [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



ターミネーター2 特別編 [Blu-ray]

ターミネーター2 特別編 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



ターミネーター3 [Blu-ray]

ターミネーター3 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: Blu-ray




nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 4

sugarbabe

こないだボーンアイデンティティを観ましたが、アクション映画はシンプルで締まってて、余計なかっこつけセリフやパロディは無い方がよいと思いました。ボーンアイデンティティも面白いですね。
4は完全に別物に見えるので3で評価が落ちた分取り返せるかもですね。
by sugarbabe (2009-06-14 00:43) 

u4

実は本日4を観てきたのですが、ただの機械対人間の闘いの映画でした。
StarWarsのように現在のCG技術で撮り直しを入れて、1をリメイクしてもらえたらと期待しています。
4にちょっとだけ登場するCGのアーノルド・シュワルツェネッガーは、かなりリアルでした。
ボーンシリーズでは色々な車種が登場するのも見ものですね。
by u4 (2009-06-14 22:58) 

hash

こんばんは。
先日のTV放映で、久しぶりに観ましたが、相変わらず面白かったです。
確かに、現代の最新技術で観たくなりますね。
by hash (2009-06-18 01:53) 

u4

hashさん、コメントありがとうございます。
もともとB級映画であった本作が時代を超えて支持されているのは原案の世界観がきちんんと描かれているからだと思います。
そういった世界観を含めて最新技術でSWのような特別編のようなものが製作されれば嬉しいですね。
by u4 (2009-06-20 09:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

audih.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。