So-net無料ブログ作成
検索選択

パトリオット・ゲーム ★★ [movie ★★]

<1992年:米国>

トム・クランシー原作のジャック・ライアンシリーズの映画化の中では、やはりハリソン・フォードによるこの"パトリオットゲーム"と"いま、そこにある危機"の2作品が、米国の求める正義を貫く人"ジャック・ライアン"をよく描けているのではないでしょうか。
560patriot.jpg

弟の復讐のために本来の使命をも無視して暴走するテロリストを演じたショーン・ビーンの出世作でもあると思います。
PissedOff.jpg
その後007 ゴールデン・アイで準主役級の006役を獲得しましたが、どうもこの2作で悪役のイメージが定着してしまったのか、ロード・オブ・ザ・リングといった大作でも主人公を裏切るような役どころを演じていました。

その他にもサミュエル・L・ジャクソンが脇役で登場したりしています。
(しかもすごく細い)
485_3.jpg

我々日本人には本作のようにIRAといった組織を背景としたテーマはなかなか理解しにくいですが、ブラッド・ピット+ハリソン・フォードで製作された"デビル"や、ショーン・ビーンが脇役で出演している"RONIN"といった作品もあり、一時は頻繁に映画化のテーマとされていました。(1990年代)

爆破、銃撃シーンが非常に多い作品ですが、現在のようなCGだらけの演出ではないため非常にリアルな感じがします。

Trailer ↓





今そこにある危機 アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

今そこにある危機 アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 6

kanchi

こんばんは

私はThe Hunt for Red October に出ていたジャック・ライアンの方が原作のイメージ通りで適任に感じます。

ハリソン・フォードのライアンはハリウッド特有の派手さの演出を感じてしまいます。 

どちらのライアンの映画も好きなのは変わりありません。 ではでは!
by kanchi (2009-09-26 23:47) 

u4

kanchiさん、コメントありがとうございます。
レッドオクトーバー~は船長のショーン・コネリーのイメージの方が強かったのですが、機会があればもう一度見直してみたいと思います。

by u4 (2009-09-27 17:51) 

MK

あー、僕も「レッドオクトーバーを追え」の方が好きです。ライアンはアレック・ボールドウィンですね。CIAのアナリストですから、自分がアクションをするようなタフなタイプではないはずなんですよ。ハリソン・フォードは好きなんですけどね。

それにしても「K19」までの潜水艦映画には外れがないですね。以後はちょっと…。
by MK (2009-10-04 21:41) 

hash

不評でしたが、ベン・アフレック版もありましたね。
新・シリーズを作るという噂もあるようですが、誰が演じるのか気になります。

by hash (2009-10-04 23:41) 

u4

hashさん、"容赦なく"が2011年に映画化されるようですね。
ジャック・ライアンが子供の時という設定の原作ということなので、まさかベン・アフレックではないと思うのですが。(笑)
by u4 (2009-10-05 23:04) 

u4

MKさん、コメントありがとうございます。
CIAの分析官という設定があまり刷り込まれておらず、アクション中心のハリソン・フォード版が好きなだけなのかもしれません。
今度レッドオクトーバーを見直してみます。
by u4 (2009-10-05 23:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
audih.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。