So-net無料ブログ作成
検索選択

アンツ・イン・ザ・パンツ! ★★ [movie ★★]

<2000年:ドイツ>

ドイツの映画英語タイトルをつけるなんて、等と思いましたが、どうも英語圏で公開された際のタイトルのようです。
"パンツの中の蟻"の意味は観ればすぐに分かります。
原題は"HARTE JUNGS"で、機械翻訳によると"HARD BOY"となります。
この意味するところも観れば直ちに分かるはずです。
harteJungs2.jpg
上の右側の小太りの少年が、まさに耳年増で、色々と知ったかぶりの講釈をするのが面白いです。
中でも、
イタリア人は喋る時に両手を使って喋るから結婚するまで童貞の男が多い。」
というのは笑えました。
Trailer ↓





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ことの終わり ★★ [movie ★★]

<1999年:米国、イギリス>

何の前知識もなしに本作品を観始めると多分ドロドロの不倫映画かだと思いながら観ることになると思いますが、後半にグリーンマイルのような展開になっていきます。
内容は、願ったり、キスしたりすることで人を生き返らせたり、顔の痣を治したりできるという不思議な力を持った女性(本人はその能力に気づいていない)が、多分そのこと(他人の病気や怪我を吸収すること)で自分の体が弱ってしまい死んでしまうという物語となっているわけですが、なんとこれは原作者(第三の男の作者でもある)のグレアム・グリーンの実体験に基づいた物語だそうです。
end.jpg
ここまでやるかという役者根性のようなことに対してだと思いますが、主演二人の演技は公開当時海外では絶賛されたようです。
ジュリアン・ムーアのファンにとっては、コレクションする価値の非常に高い作品かもしれません。
Trailer ↓

なお本作は1955年に制作された映画"The End of the Affair"(本作品の現題)のリメイクでもあります。

ことの終わり

ことの終わり




End of the Affair (1955)

End of the Affair (1955)

  • 出版社/メーカー: Sony Pictures
  • メディア: VHS



The End of the Affair

The End of the Affair

  • 作者: Graham Greene
  • 出版社/メーカー: Vintage
  • 発売日: 2004/07/01
  • メディア: ペーパーバック



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ヘヴン ★★ [movie ★★]

<2001年:米国、ドイツ、イギリスフランス>

最近大作や注目作に出演し続けているケイト・ブランシェット主演による少しばかり異色な作品です。
ケイト・ブランシェットと言えば、エリザベス、ロード・オブ・ザ・リング、バベル、インディージョーンズの最新作等々に出演し続けており、今最も勢いのある女優の一人ではないでしょうか。
本作ではリアル丸坊主まで披露し、完全に役に没頭している感じです。
001HVN_Cate_Blanchett_071.jpg
役どころは夫の仇をうつべく爆弾によるテロリストとなってしまう悲劇のヒロインなのですが、内容はラブストーリーになっているという不思議な映画です。
最後もハッピーエンド?的に終り、何か物足りなさや、不可思議さのある脚本とも言えるのですが、現代が舞台なのですが、古い町並みや美しい田園風景の欧州(イタリア)を舞台としていることで、どこが現実離れした感じでもあります。
最初にヘリコプターのゲーム画面がオープニングに使われていて変な始まりなのですが、ちゃんと最後につながりました。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

バットマンビギンズ ★★ [movie ★★]

<2005年:米国>

架空の街ゴッサムシティは、マンハッタンかシカゴの未来像的なイメージで描かれているように思われますが、退廃した街にはびこる悪とバットマンとの闘いを描くにはゴッサムシティだけではスケール感が小さいため、ビギンズではその世界観を広げるためにアジアに舞台を広げています。
本作(+この後の最新作ダークナイト)を含めて、実写映画化4人目のバットマンをクリスチャン・ベールが演じています。
変人的なマイケル・キートンのバットマンとも違い、繊細さのようなものが出ていてなかなか味わいがあると思います。
ファンの方には申し訳ないですが、ヴァル・キルマー(3作目)やジョージ・クルーニー(4作目)のバットマンは違和感があり、新しいバットマン役はどうだろうと思っていたのですが、はまり役ではないでしょうか。
batman.jpgbatman2.jpg
batman3.jpgbatman4.jpg
なぜバットマンが誕生したのか?
どうやって悪者と格闘する技を習得したのか?
ということを解き明かす内容で、新たなバットマンシリーズを作成するという意図は成功しているように思います。
Tailer ↓


バットマン ビギンズ (Blu-ray Disc)

バットマン ビギンズ (Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



バットマン ビギンズ オリジナル・サウンドトラック

バットマン ビギンズ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2005/06/10
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ターミナル ★★ [movie ★★]

<2004年:米国>

どう見ても米国人代表のようなトム・ハンクスが東欧のクラコウジアからの訪問者という時点で違和感がありますが、そこは演技が達者なトム・ハンクス、観ているうちにどんどん役に引き込まれていきます。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ演じる客室乗務員が今日本でブームのアラフォーという設定も、この時期に放映された要因の一つかもしれないなぁなどとも思いました。
terminal.jpg
空港のターミナルの一角で寝泊まりするという設定は無茶な感じがありますが、私も二度ほど行ったことがあるJFK空港は本当に大きな空港で、ほとんど人気のない待合室で数時間飛行機のトランジット待ちした経験から、実際に隠れている人がいても不思議でないなと思い出しながら観ました。
さすがにスピルバーグの映画で話はよくできていますし、観たことのない人にお薦めできると思います。
Trailer ↓


ターミナル DTSスペシャル・エディション

ターミナル DTSスペシャル・エディション

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



Around40 アラフォー白書

Around40 アラフォー白書

  • 作者: 吉田 みか
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2008/07/25
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ハードロック・ハイジャック ★★ [movie ★★]

<1994年:米国>

"ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝"が公開中のブレンダン・フレイザーのデビュー当初の主演作品。
デビュー当初から今に至るまで顔がほとんど変わっていません。
airheads.jpg
どう見てもハードロックのバンドメンバーには思えませんが、多分この役のために自毛をロングヘアーにしてなりきろうしているのはなかなか熱演です。
レコード会社の人間を装ってきた警官に「ヴァン・ヘイレンとデビット・リー・ロスのどちらが正しいと思う?」
と質問し「ヴァン・ヘイレン」という答えに「こいつは警官だ!」と言うやりとりがあり、面白かったです。
ブレンダン・フレイザーとともにバンドメンバーを演じたスティーヴ・ブシェーミ、アダム・サンドラーの3人ともその後売れっ子俳優になっており、このキャスティングをした人は相当な目利きであったと思われます。
Trailer ↓


ハードロック・ハイジャック

ハードロック・ハイジャック

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD



Airheads

Airheads

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Fox
  • 発売日: 1994/07/19
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハムナプトラ2 ★★ [movie ★★]

<2001年:米国>

今年3が公開されているハムナプトラの2作目。(3は未見ですが、その評判はどうも今一のようです。)
なぜ2と3の間がこれだけ(7年)開いたのでしょうか。(その間に配役も代わってしまったようなので、もしかしてギャラとかでもめたのか?)
イムホテップのミイラに比べ、スコーピオン・キングのCGがあまりにCG的すぎて興ざめしてしまいます。
やはり人間の表情を本物と見分けがつかない程のレベルに描くのはまだまだ難しいのでしょう。
↓この剣のシーンは両女優ともなかなか凄い!
TheMummyReturns.jpg
とにかくこれだけ壮大な映画を作るにはCGは欠かせないのでしょうが、スターウォーズなどと比べるとその緻密さに物足りなさが出来てきてしまい、逆に最初のハムナプトラぐらいの作りの方がいい作品に仕上がっているように思えてしまいます。
これだけCGだらけだと、役者さん達は演技が相当大変だろうなぁ、などと思いながら観てしまいました。
ま、それでも超B級スペクタクル映画?として気軽に楽しく観ることができると思います。
Trailer ↓


ハムナプトラ2 黄金のピラミッド [SUPERBIT(TM)]

ハムナプトラ2 黄金のピラミッド [SUPERBIT(TM)]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



ハムナプトラ ツイン・パック

ハムナプトラ ツイン・パック

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズ
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

遊星からの物体X ★★ [movie ★★]

<1982年:米国>

数多いジョン・カーペンター監督とカート・ラッセルのコンビで制作された(B級)映画の中で、この作品は特に面白い出来なのではないでしょうか。
一番”ビクッ”とするのは、物体Xであるエイリアンが登場するシーンではなくシャーレの中の血液に熱した電線を入れた瞬間に血液が飛び出すシーンです。
当時の特殊撮影(メイク)では、ターミネーターよりもこちらの出来の方に軍配が上がると思います。
thething460.jpg
特に頭から足が生えてきて動きだすシーンは非常にリアルですが、作り物感もほどよく?残っておりやはりB級映画ではあります。
色々と前知識なしに作り物感を楽しみながら観るととても面白いと思います。
なんと2009年の公開を目指してリメイク中とのことで、大変楽しみです。
Trailer ↓


遊星からの物体X ― コレクターズ・エディション

遊星からの物体X ― コレクターズ・エディション




遊星からの物体X (HD DVD)

遊星からの物体X (HD DVD)

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: HD DVD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

太陽がいっぱい ★★ [movie ★★]

<1960年:フランスイタリア>

とにかく男性が観ても惚れぼれとするほどアラン・ドロンがカッコイイです。
taiyou.jpg
フランス人であるアラン・ドロンがトムというアメリカ人役であり、映画の舞台はイタリア(ローマ・ナポリ等)です。
改めて何十年ぶり?に観てそういった設定であったんだなぁと思いました。
アラン・ドロンと言えば吹き替えは野沢那智氏なのですが、今観てみるとなんかちょっとイメージが違うような感じもしました。(理由はわかりません。)
映画を観ていない人も、この映画の主題曲(ニーノ・ロータ作曲)は聴いたことがあると思います。
イタリアの風景(半世紀も前の美しい風景が堪能できます。)と音楽が、アラン・ドロンの魅力を大変に引き立てた映画だと思います。
Trailer ↓





映画に挑戦しつづける美貌のスター アラン・ドロン

映画に挑戦しつづける美貌のスター アラン・ドロン

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 近代映画社
  • 発売日: 2007/06/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

炎のメモリアル ★★ [movie ★★]

<2004年:米国>

原題はLADDER 49(=はしご隊49)と、要は主人公の消防士の所属先を意味しており、このままでは確かに邦題にはしにくいと思いますが"炎のメモリアル"はないでしょう。
邦題のセンスについては、映画配給会社の人達にもっとがんばってもらいたいものです。
米国での消防士の活躍と言えば2001年の同時多発テロの時に、崩壊寸前のWTCに救助に向かった話がTVでも映画でもたくさん取り上げられています。
本作も同様に同時多発テロで亡くなったりした消防士へのリスペクトのために制作されたということです。
なので大変真面目に作られており、数多く登場する火災のシーンもCGなどではなく実際の炎によるものという迫力があります。
ladder.jpg
ジョン・トラボルタが登場するとどうしても悪役やふざけた役を連想しがちですが、本作では大変真面目な消防署のチーフを演じています。
改めて火災現場の恐ろしさを知り、勇気ある消防士に対し感謝の気持ちがわいてくる映画です。
皆さん、本当に火事には気をつけましょう。
Trailer ↓


炎のメモリアル プレミアム・エディション

炎のメモリアル プレミアム・エディション




ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション (Blu-ray Disc)

ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション (Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

機動警察パトレイバー/機動警察パトレイバー2 The Movie ★★ [movie ★★]

<機動警察パトレイバー The Movie 1989年:日本>
<機動警察パトレイバー2 The Movie 1993年:日本>

天才プログラマーが仕掛けたトロイの木馬ウィルスがレイバーを暴走させて都市を大破壊させるのを防ぐ1と、自衛隊によるクーデーターを仕掛けた元自衛隊員のテロ活動を阻止する2。
新作スカイ・クロラ公開にあわせた押井守監督特集で2週連続で放映されていました。
P2.jpg
それぞれ話はよく練られていると思いますが、逆に練りすぎていてそれぞれが登場人物による長々とした解説(もちろん映画の中では会話だったりします)がないと話が進まないというジレンマに陥っているように思います。
そのため、後のマトリックスシリーズのようなスピード感や爽快感に欠ける部分が少なからずあり、最近のそういった映画を先に知ってしまっている世代には昔の古いロボットアニメのように受けとられてしまうかもしれません。
しかし、特に2の方のメカデザインにはあの有名なカトキハジメ氏が関わっているだけあり、どれもなかなか魅力的です。観るとプラモデルが作りたくなる映画だったりします。

機動警察パトレイバー2 the Movie(Blu-ray Disc)

機動警察パトレイバー2 the Movie(Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



機動警察パトレイバー 劇場版(Blu-ray Disc)

機動警察パトレイバー 劇場版(Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



機動警察パトレイバー MG イングラム1号機 (P2版)

機動警察パトレイバー MG イングラム1号機 (P2版)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ビバリーヒルズ・コップ2 ★★ [movie ★★]

<1987年:米国>

2009年に4の公開が予定されているビバリーヒルズ・コップシリーズの第2作。
遊園地を舞台にした3は駄作でしたが、やはりビバリーヒルズ・コップは1作目とこの2作目までがまさにエディ・マーフィーの真骨頂とも言える作品だと思います。
そして、エディ・マーフィー演じるアクセル刑事に振り回される2人のビバリーヒルズ署の刑事も健在です。
beverly.jpg
この映画最大のミスは2メートルの大女で悪役のブリジット・ニールセン(シルヴェスター・スタローンの元奥さん)をミスキャストしてしまったことになると思います。
その長身と美貌で一時はハリウッド女優として活躍していましたが、あまりの大根役者ぶりにすぐに役がつかなくなりました。そういう意味ではニールセン(及びファン)にとっては貴重な出演作と言えるかもしれません。
この作品でもその大根役者ぶりを遺憾なく発揮しています。
この映画のアクセル刑事(エディ・マーフィー)のようにあらゆる場面で口八丁で切り抜けられれば、世の中を乗り切るのなんて簡単と思わされていまいます。
1と2はセットで続けて観ても面白いと思います。
Trailer ↓


ビバリーヒルズ・コップ2 スペシャル・コレクターズ・エディション

ビバリーヒルズ・コップ2 スペシャル・コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: パラマウント ジャパン
  • メディア: DVD



ビバリーヒルズ・コップ(2)

ビバリーヒルズ・コップ(2)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: MCAビクター
  • 発売日: 1997/12/17
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

時空の旅人 ★★ [movie ★★]

<1986年:日本>

出だしから萩尾望都による少女コミックキャラクターに違和感を覚えますが、まぁまぁよく考えられたタイムスリップものだと思います。
過去にしか行けないタイムマシンといった設定もちょっとユニークな感じがしました。
tokinotabibito.jpg
次々と過去にタイムスリップする先が戦場ばかりというのは都合が良すぎる感じがしますが、日本も第2次世界大戦までは戦争を頻繁に行っていたのだという事実にも気づかされます。
夏休みに小中学生向けに放映されるアニメとして考えた場合、歴史の勉強などもできるSF映画ととらえれば悪くない選択のように思いました。
キャラクターデザインとともに吹き替えが少々ベタな感じがしますが、20年以上も前のアニメなのでその点は差し引いて観る必要があるかもしれません。
原作は未読なので知りませんが、この映画の題材としてこの作品の前にヒットしたターミネーターとバック・トゥ・ザ・フューチャーをパクっている(ヒントにしている?)のは間違いない感じです。

時空の旅人

時空の旅人

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



時空(とき)の旅人―とらえられたスクールバス〈前編〉 (ハルキ文庫)

時空(とき)の旅人―とらえられたスクールバス〈前編〉 (ハルキ文庫)

  • 作者: 眉村 卓
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 文庫



時空(とき)の旅人―とらえられたスクールバス〈中編〉 (ハルキ文庫)

時空(とき)の旅人―とらえられたスクールバス〈中編〉 (ハルキ文庫)

  • 作者: 眉村 卓
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 文庫



時空(とき)の旅人―とらえられたスクールバス〈後編〉 (ハルキ文庫)

時空(とき)の旅人―とらえられたスクールバス〈後編〉 (ハルキ文庫)

  • 作者: 眉村 卓
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 ★★ [movie ★★]

<1995年:日本>

1996年には全米セルビデオチャート1位にもなったジャパニメーションの代表作です。
まだまだインターネットという言葉も認知度の低かった1995年にここまでネット社会の未来図を描いた先見性は凄いと思います。ネットの普及が急速であった米国でより高い評価がされたのも、単に緻密なアニメーションというだけでなくそういった面があったのだと思います。
GHOST.jpg
映画マトリックスを制作するきっかけになった映画という意味でも価値ある作品ではないでしょうか。
しかし、1980年代にウィリアム・ギブソンが描いたサイバースペースの世界の延長だと思います。
この映画が好きな人はぜひ、ウィリアム・ギブソンのニューロマンサー、カウント・ゼロ、モナリザ・オーバードライブといったサイバースペースSFを読んでみてください。
映画自体は、続編であるイノセンスよりはまだ分かりやすく面白いように思います。
↓ 今夏2.0として公開された予告編


GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 (Blu-ray Disc)

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 (Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー ★★ [movie ★★]

<2003年:米国>

ただのサーフィンを題材とした映画かと思いきや、水難事故で2002年から90年前のハワイにタイムスリップしてしまうという、米国映画でよく題材とされるタイムスリップもの映画でした。
Scot_Davis_David.jpg
この映画のよいところは、90年前(正確には1911年)のハワイ文化がその島の美しさとともに大変に丁寧に描かれている点です。
そしてサウンドトラックに使われているハワイアンミュージックもとても雰囲気満点です。
タイムスリップした主人公(現代のサーフィンのワールドチャンピオン)が、1911年のハワイでサーフィンの元祖達(実在した人物でオリンピック競泳で金メダルを獲っているデューク・パオア・カハナモクも登場)と過ごす中で、高慢さがとれて優しい青年になっていく過程が、現代社会に欠けている余裕を象徴しているかのようです。
Johann_Bouit_Cap.jpg
ストーリーは別段特別なものはありませんが、この映画を観てまたいつかハワイに行ってみたいなぁなどと思わされました。
これからハワイに行く人はぜひ行く前に観ておくとよいかもしれません。
2003年ハワイ国際映画賞で『観客賞』と『ベスト・フューチャー(BestFeature)賞』を獲得しています。




アロハ・ヘヴン~マイ・ハワイ

アロハ・ヘヴン~マイ・ハワイ

  • アーティスト: マカナ,オータサン
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/06/22
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

燃えよドラゴン ★★ [movie ★★]

<1973年:香港、米国>

本作一発で世界的な大スターとなったブルース・リーですが、皮肉にもこの映画が公開される時点で故人となっています。
この映画に出演し亡くなるまでの過程は先日深夜放映されていた"ドラゴン ブルース・リー物語"で詳しく知ることができました。(しかしこの映画は、現在ならDVDの特典についてくるような内容です。)
当時はそれでも日本ではアラン・ドロンとブルース・リーが長いこと海外映画スター人気番付の首位を争い続けていました。
本作にはジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウといった後の香港映画スター達がこぞってちょい役で出演しています。中でもサモ・ハン・キンポーはオープニングのブルース・リーの試合での対戦相手としてかなり目立った役をもらっています。
↓ 悪役でブルース・リーにやっつけられるジャッキー
jackey.jpg
最後の鏡の間での闘いは映画史に残る名場面だと言えると思います。
(割れた鏡の裏から新聞紙が見えるシーンがあるのはご愛敬ということにします。)
enterthedragon35.jpg
スカッとしたいこの時期にビールを飲みながらぜひ!(テーマ曲もいい!)
70年代に自作ヌンチャクを振り回していた人もぜひもう一度観ましょう!
Trailer ↓


燃えよドラゴン (Blu-ray Disc)

燃えよドラゴン (Blu-ray Disc)




燃えよドラゴン

燃えよドラゴン

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

恋人はスナイパー ★★ [movie ★★]

<2004年:日本>

いかりや長介の遺作となった本作品。絞り出すような声しかほとんど出ておらず、撮影当時の体力ももう限界に近かったのではないでしょうか。
晩年に味のある役者として様々な映画やテレビドラマに出演していただけに、本人も早すぎる最後が大変残念であったろうと思います。
005.jpg
主役の中国人スナイパーを内村光良がとても雰囲気よく演じています。
水野美紀は警官役のためとにかく走りまくっていて、静のスナイパーと好対照の役をがんばっています。
この映画は、テレビドラマとして制作された1と2を観ていないと内容が分かりづらいという評判のようですが、観ていない私でも結構楽しめました。
最後に離れた高層ビルの屋上間で射撃をしあうシーンもなかなか面白かったです。
最後を「明日に向かって撃て」的にしてしまったのは、ちょっとなーという感じで、もう少しひねった終わり方をしてほしかったと思いました。(これで最後にしたかったのでしょうが)
004.jpg

恋人はスナイパー (トクマ・ノベルズ)

恋人はスナイパー (トクマ・ノベルズ)

  • 作者: 君塚 良一
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2004/03/19
  • メディア: 新書



恋人はスナイパー 劇場版

恋人はスナイパー 劇場版

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



恋人はスナイパー EPISODE2 ディレクターズカット完全版 Long Version

恋人はスナイパー EPISODE2 ディレクターズカット完全版 Long Version

  • 出版社/メーカー: パラマウント ジャパン
  • メディア: DVD



恋人はスナイパー

恋人はスナイパー

  • 出版社/メーカー: JVCエンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウエスト・ワールド ★★ [movie ★★]

<1973年:米国>

本作の監督であるマイケル・クライトンは、ジュラシックパークの原作者でもありますが、日本ではER緊急救命室の脚本・制作総指揮者として名高いのではないでしょうか。
作家として素晴らしい活動を続ける一方で、このウエスト・ワールドをはじめ、数本の映画監督もつとめています。
今観てみると、ロボット・アンドロイドが人間を追いつめていくという内容は、もう完全にターミネーター的です。
そして、テーマ・パークと故障によってそこのロボットが人を襲いだすという筋書きはロボットが恐竜になればジュラシック・パークそのものです。
westworld.jpg
ユル・ブリンナー扮する西部のガンマンのロボット(お腹がちょっとぽっこりしていますが、荒野の七人の時の格好のままですので西部劇ファンにはたまらない)が、自分を撃ち殺した観光客を追いつめていくというものです。
機械の目が足跡を浮かび上がらせて追跡したり、遠くにいる人物をズームアップさせたりといった演出もターミネーターに引き継がれていると思われます。


ウエストワールド

ウエストワールド







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

フリスコ・キッド ★★ [movie ★★]

<1979年:米国>

日本で未公開のハリソン・フォード主演による一風変わった西部劇コメディ。
Friscokid3.jpg
実は本当の主役はジーン・ワイルダー演じるポーランドから派遣される、ちょっとドジだがとても人がよく実直なラビ(宗教指導者=映画の中ではラバイと発音していたりする)で、とても味がありました。
このラビとの珍道中で徐々にハリソン・フォード演じる一匹狼のギャング(カウボーイ)が、ラビとの信頼関係を築きだすところがよかったです。
インディー・ジョーンズの最新作公開にあわせて?こっそり深夜に放映されていました。
frisco_kid.jpg
1979年当時すでに第1作(エピソード4)でスターになっていたハリソン・フォードですが、さすがに西部劇コメディの路線では日本で公開できなかったのだと思います。(1980年には第2作の帝国の逆襲の公開が控えていましたし。)
映画そのものは結構面白いですし、若き日(とは言え37歳ぐらい)のハリソン・フォードの初々しい、かつカウボーイ役の演技が観られるのも今となってはかなり貴重だと思います。

フリスコ・キッド

フリスコ・キッド




インディ・ジョーンズ アドベンチャー・コレクション (期間限定生産)

インディ・ジョーンズ アドベンチャー・コレクション (期間限定生産)

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

わたしのグランパ ★★ [movie ★★]

<2003年:日本>

石原さとみの(公式)デビュー作品で、この作品で数々の新人賞を獲得している秀作です。
granpa.JPG
グランパは菅原文太が貫禄満点で演じています。
菅原文太はこの作品の撮影時に70歳前であったと思いますが、身のこなしが驚くほど軽快です。
実際にこれだけ正義感にあふれ、また腕っ節も強い年寄りが身内にいたらどうでしょう。
grampa2.JPG
頼りがいがある一方、映画の台詞にあるようにトラブル続きかもしれません。
屋根裏に店をつぶされた仕返しにやくざから盗んだ1億円(元は2億円で1億円は使ってしまった!)が隠してあったり、機関銃を隠し持っていたりというのはあまりに現実離れしている感もあり、そういった設定にすることで妙なリアル感をなくして一種のファンタジー的に仕上げられているとも言えます。

わたしのグランパ (文春文庫)

わたしのグランパ (文春文庫)




わたしのグランパ

わたしのグランパ

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
audih.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。